中国メディアは、日本の「失われた20年」にも良いことはあったとし、「日本はかつて先進国の中で平均労働時間が最長の国で、1990年の月の平均労働時間は171時間だった。しかし、祝日の増加や有給取得の推進などにより、2013年には149時間にまで減った」と指摘した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む