近年、日本の医療サービスを受けるために訪日する中国人が増えている。これは日本の医療が中国より進んでいるためと言えるが、実際に日本の医療サービスを体験した中国人は医療の水準そのものだけでなく、「体制」や「制度」においても日中には大きな差があることを実感するという。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本の医療サービスを体験した中国人の見解として「日中の違いを目の当たりにし、精神的に落ち込んでしまった」と論じる記事を掲載した。

 日本の医療サービスを体験したというこの中国人は日本在住なのか、それとも旅行で訪日した客なのかは不明だ。だが、「日本の医療は中国と完全に違っていた」と伝え、日本の医療現場では医者と看護師が役割を分担し、負担を分散していたと紹介したほか、特に印象的印象的だったのは「患者の立場になった、配慮あるサービス」だったと論じた。

 たとえば、中国では医者が患者に症状を聞き、検査を行い、そして、診断まで行うのが普通であり、医者が自分の利益のために高額な薬を処方して問題になるケースがある。だが、日本では医者と看護師が仕事を分担するうえ、医薬分離の体制にあるため「医者が患者を無視し、自分の利益を優先した薬を処方することは難しい」と強調した。

 また、日本では入院するにしても大部屋であれば部屋代の個人負担はないのが一般的だと指摘。しかも、看護師が食事など基本的な世話をしてくれるため、必ずしも家族が世話をしなくても入院することができると伝え、こうした点も中国と違っている点であると伝えた。

 さらに記事は、日本では「病院が勝手に医療費を釣り上げることはなく、安心して医療サービスを受けることができるという点にも驚いた」と伝えつつ、「日中の違いを目の当たりにし、逆に落ち込んでしまった」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)