中国メディア・東方網は29日、「音楽を用いて故宮の荘厳さや偉大さを表現したのは、日本の芸術家だった」とする記事を掲載した。

 記事は、「北京の故宮は、明・清の2代にわたる王朝の宮殿で、中国の古代建築の精髄である。そして、世界で現存する最大の、最も完全な形で整った木造建築の1つである」と紹介した。

 そのうえで「後世の人びとはその規模の大きさを見て、その偉大さ、荘厳さを・・・・

続きを読む