中国の江蘇省蘇州市に、日本の会社が独資で運営する中国で初めての日本式温浴施設が正式にオープンした。近年、中国では日本旅行ブームといえるほどに訪日旅行者が拡大している。旅行の目的のひとつに、「日本の温泉を体験する」ことも含まれている。上海などには中国資本による日本式の温泉施設ができて繁盛しているという。中国に温泉を開設したのは、広島市に本社を置く株式会社マリモ(代表取締役 社長執行役員:深川真)で、中華人民共和国江蘇省蘇州市の複合開発区「蘇州工業園区」において『悠然の湯』をオープンした。

 マリモは2009年に上海で「摩麗茂(マリモ)上海」を設立し、設計業務を開始。以後、江蘇省蘇州市に・・・・

続きを読む