中国では日本と異なり、7月と8月の2カ月間が夏休みだ。中国でも子どもを持つ親にとっては子どもが家にいる夏休み期間中は大忙しだ。また、中国の多くの学校では給食はなく、下校して家で昼食を取り、午後2時頃に再び登校することが一般的であるため、保護者は平日でも子どものために昼食を用意する必要がある。

 中国メディアの快資訊は27日、「日中の小学生が食べている昼食の差は大きい」と論じる記事を掲載し・・・・

続きを読む