中国メディア・東方網は26日、「中国と日本の文具、細かい部分を見比べた時にどれだけの差があるのか」とする記事を掲載した。

 記事は「世の中に流通している一般の中国産文具は、デザインに目新しさがないうえに、核となる技術はいまだに輸入に頼っている。一方で隣国の日本は文具においてわれわれのはるか先を進んでおり、『文具大国』の称号を得ている。三菱、ゼブラ、パイロットなどの文具メーカーは、みんながよく知っている。そして、年に1度行われる文具対象では、創意あふれる様々な文具が登場し、人びとをあっと言わせるのである」とした。

 そのうえで、日本のメーカーが開発した、一見なんの変・・・・

続きを読む