日本には本音と建前を使い分ける文化があるが、中国人からすれば「日本人は何が本心なのか分からず、何を考えているのか分かりづらい」というい気持ちがあるようだ。その一方で、日本人が公共秩序を守り、他人に迷惑をかけないなど「民度が高い」と映るのも事実のようだ。

 中国メディアの快資訊は26日、中国人の目には「日本人には裏表がある」ように映ると伝える一方、それでも確かに日本人の民度は高く、礼儀正しいのも事実だとし、その理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本人の民度が高いのは「江戸時代に長期にわたって階級が固定されたこと」、そして、「責任を負うことへの恐れ」が理由ではないかと主張。日本人は長期にわたって自分たちが所属する集団から排斥されたり、身分や立場が上の人から責任を負わされることを恐れてきたと伝え、こうした環境が日本人のルールを守る、集団の秩序を乱さないといった道徳を形成したのではないかと主張した。

 続けて、民度の高い日本人は幼少の頃から大人になるまで「ずっと集団や権威に対して恐れを抱きながら暮らしている」と伝え、それゆえ日本人にとっては「命令に従ったり、ルールを守ったりするのがもっとも安全なのだ」と主張。そしてこれが日本人の民度が高く見える理由なのではないかと考察している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)