中国では日本に対する理解が進んでいるとは言い難く、今もさまざまな誤解が多いのが現状だ。しかし、日本を訪れる旅行客が増えているように、日本に対して興味を抱く人が少なからず存在するのも事実と言える。

 中国メディアの快資訊はこのほど、多くの中国人にとっては日本という言葉を目にしたり、耳にしたりするだけで過去の戦争を連想し、不愉快になってしまうため、日本を正しく理解できていない人が多いと伝える一方、日本で7年にわたって生活した経験を持つという元留学生の見解としての日本の姿を紹介している。

 記事はまず、日本人の国民性について中国の成語である「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」という言葉を用いて表現し、「日本人は他人に迷惑をかけないことを暗黙の了解として生きており、それゆえ社会には秩序がある」と紹介。日本人は相手がどのような人であろうと、礼節をもって接し、ルールを守って行動すると指摘し、こうした国民性だからこそ、日本を旅行で訪れた中国人旅行客は日本のサービスや日本人の親切さが特別印象に残るのだと論じた。

 さらに、日本社会は「平等」だと伝え、経済発展と同時に貧富の格差が拡大し続けている中国に比べると「日本は大多数の人が中流層にあたり、格差は小さい」と紹介。また、日本の子どもたちは中国のように勉強の圧力にさらされてはいないとし、スポーツに取り組んだり、習い事に熱中したりと、のびのびと生活していたのが印象的だったと伝えた。

 また記事は、京都など歴史ある都市では経済活動のために街の景観を破壊したりはせず、やはりルールと道徳のもとで商業活動を行なっていると伝え、こうした点からも日本人の責任感やルールの遵守精神が見て取れると指摘。多くの中国人は過去の戦争を理由に「日本は今も軍国主義がはびこっている」と考えがちだが、こうした考えは誤解であり、大多数の日本人は友好的だと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)