日本では子どもの面倒を祖父母に任せっきりというケースは決して一般的ではないが、中国では幼少の子がいる一般家庭でも夫婦共働きが普通だ。中国では家庭内の教育を含め、祖父母が子どもの世話を行うケースが多く見られる。

 日本と中国では家庭における子育ての考え方が大きく違っていると言えるが、中国メディアの快資訊はこのほど、中国人にとって日本の家庭内における教育から学べることは多いと論じる記事を掲載した。

 中国では共働きの親に代わって、祖父母が子の世話を行うケースが多いが、祖父母が甘やかしすぎるためか、子がわがままに育ってしまうということが多く見られるようだ。記事は、日本では母親が中心となって子育てを行うケースが多いと伝え、母親の人格や教育が子どもの成長に大きな影響を及ぼしていると紹介した。

 続けて、日本の家庭内における教育のうち、中国人にとって学ぶべきことは「道徳」にかかわる教育であるとし、「あいさつ」の重要性や「公共の場における振る舞い方」、「誠実であることの重要性」、「嘘はいけないこと」、「他人を叩くなど、礼節の欠けた行為をしてはいけないこと」などを日常生活のなかで教えていくと紹介。

 そのほかにも「命や食べ物を大切にすること」、「落ちていたものは勝手に拾って自分のものにしてはいけないこと」など、日本社会や日本の社会人としての常識は、家庭内の教育を通じて子どもたちに伝えられ、承継されていることを指摘。こうした教育は日本社会の基礎であり、子どもの将来を左右するものでもあると紹介し、中国の親にとっても学ぶべきことが多いと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)