中国メディア・環球網は22日、台湾の果物農家がドラゴンフルーツをチャリティ販売し、その売り上げを西日本豪雨の義援金として全額寄付したと報じた。

 記事は、「近ごろ、台湾島内ではバナナやパイナップルの販売が不調であるとともに、ドラゴンフルーツの価格も下がっている。しかしこのほど、宜蘭県の農家・林庭財さんが750キログラムのドラゴンフルーツをチャリティ販売することを決めた。日本では今月初めに・・・・

続きを読む