中国メディア・界面は20日、「滴滴が日本で発展するきっかけは、中国人観光客にある」とする文章を掲載した。

 記事は、今年2月に中国配車サービス大手滴滴出行がソフトバンクと合弁会社を設立して日本のタクシー市場に進出すると発表したことを紹介。それから5カ月が経過した7月19日に合弁会社の設立が発表され「日本において現地住民や観光客にタクシー配車サービスとスマート交通ソリューションを提供する」・・・・

続きを読む