中国では若者たちの起業意欲が高く、毎年多くの企業が生まれている。だが、その一方で激しい競争のもとで淘汰されていく企業もまた多いのが現状であり、中国では企業が存続できる年数も非常に短いとされる。

 一方、東京商工リサーチによれば、日本には創業から100年を超える企業が3万社以上も存在する。中国では100年以上の社歴を持つ企業は片手で数えられるほどしかないとされるが、この違いはどのような要素・・・・

続きを読む