日本で生まれたインスタントヌードルは今や世界中で広く食されている。中国人にとっても非常に身近な存在となっていて、日常的にインスタントヌードルを食べているという人も少なくない。

 複数の日本メーカーが中国でインスタントヌードルを発売しているが、同じ商品ブランドであっても日本と中国で展開している味には大きな違いがあり、中国のインスタントヌードルは日本では販売されていない味のものをよく見かける。また、日本で人気の味も中国では販売されていないというケースが少なくない。

 日本人と中国人の味に対する好みが大きく違っていることを示す事例と言えるが、日本を訪れた中国人は日本のインスタントヌードルを食べるとどのように感じるのだろうか。中国メディアの快資訊はこのほど、中国人が日本でインスタントヌードルを購入して食べてみたところ、「意外なほど口に合うことに驚いた」と伝えている。

 中国では近年、寿司や日本料理を提供する飲食店が増えているが、この中国人は本場の寿司を堪能するために日本を訪れたのだという。訪日当初は寿司や刺身を食べ歩いていたようだが、「どれだけ美味しいものでも、やはり食べ飽きてしまうもの」だと伝え、それでインスタントヌードルを食べてみることにしたという。

 日本のインスタントヌードルの価格は中国に比べて高額であり、まずその値段に驚いたというが、カレー味のものと海鮮味の2種類を購入し、フタを開けて見た時点で「買って正解だった」と認識したという。麺の量は十分で、濃い味付けの中華料理に慣れている中国人の舌にも「美味しい」と感じられたそうだ。「これでこの値段ならお買い得」とも思ったというこの中国人は「初めて日本のインスタントヌードルを食べたが、コストパフォーマンスが良い食事」だと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)