最近では改善が進んでいると言われる日中関係。歴史問題ゆえに日本に対する中国人の感情は複雑なようだが、逆も同じだ。中国メディアの快資訊は14日、「日本人は中国のことをどう見ているのか」と題する記事を掲載した。

 記事は、日本人が中国についてどう思っているかについてある番組で取り上げられたと紹介。街頭インタビューをもとにした内容で、「日本人は中国に対してある程度の好感を抱いている」ことが分かるという。

 たとえば、ある日本人男性は中国の礼儀や文化は日本と違うとしながらも、悠久の歴史と人口の多さ、自国の文化を重視していることを評価している。別の人は、日本と中国は「兄弟のよう」だと表現。兄弟は仲が良い時もあるがけんかする時もあるという意味のようだ。さらに、ある女性は「実際に行ったことがあるので中国人が友好的なのを知っている」と回答。中国について得る情報がメディアを通してだけだったら印象は変わっていたに違いない。いずれも決して悪い印象ではないのが特徴だ。

 一方、ある在日中国人は、「日本人は中国を見下しつつも恐れと尊敬の気持ちがあるようだ」との見方を示している。また、日本人は「中国文化や中華料理に強く惹かれているのは日本人の矛盾点だ」と指摘している。記事は最後に、「あえていうならば日本にとって中国は、昔は教師で後に学生になり、今はライバルで今後は未知数ということになるだろう」と立場が変化し続けているとの持論を展開している。

 対日感情が悪いのは、多分に連日放送される抗日ドラマや政府によるプロパガンダの影響が大きいことは否めない。だが、実際に交流してみると、多くの誤解があったことに気づき、日中関係の改善につながるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)