近年の中国では日本旅行ブームが起きていると言えるだろう。毎年、多くの中国人が日本を旅行で訪れているが、日本滞在を通じて多くの中国人は「日本と中国は相似点も多いが、異なっている点も少なくない」と感じるようだ。

 中国メディアの快資訊は14日、日本の文化や日本人の生活習慣は中国と似ている点もあるが、着るものや食べるものなど、生活の基本的な要素だけを見ても「日中の相違点は意外と多い」と伝える記事を掲載した。

 記事は、日本を初めて訪れた中国人は、日本の街ではスーツを着用した男性が非常に多いことに驚くと紹介。確かに中国では金融など一部の職種を除いてスーツを着用している人はほとんどいないのが現状で、街中でもスーツの男性はほとんど見かけない。それゆえ日本では朝の出勤ラッシュ時など、みなが一様に黒や灰色のスーツを着用している光景に驚くようだ。

 さらに、「食」の分野でも「日本人は中国人より魚を食べる頻度が多いようだ」と指摘。中国でももちろん海産物は食されているが、日本ほど魚料理を食べる機会は多くない。また、中国人は冷めたご飯を嫌う傾向があり、弁当を持参することもほとんどないが、記事は「日本では職場に弁当を持参する人も多いようだ」と伝えた。

 また記事は、中国に比べて日本は「交通の便が良いのは事実」だとし、どこに行くにしても公共交通機関が発展しているので便利だと指摘。また、中国のように深刻な交通渋滞がないのは「ありがたい」と伝える一方、地下鉄は「非常に混雑していて、まるで中国の大都市のような混み方」だと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)