中国はスーパーコンピューター(スパコン)の分野で世界をリードする国の1つと言えるだろう。2018年6月に発表されたスパコンの性能ランキング「TOP500」で中国のスパコン「神威·太湖之光」は米国のスパコン「Summit」に首位の座を譲って世界2位となったものの、「神威·太湖之光」は2016年6月から2017年11月まで世界1位の座を維持し続けた。

 米国と中国のスパコンの性能をめぐる争いは激しさを増していると言えるが、中国メディアの澎湃新聞は11日、世界的に見れば日本もスパコンの分野で「軽視できないライバルと言える」と主張、日本が2021年をめどに「世界一」奪還を目指していると伝えて・・・・

続きを読む