中国メディア・東方網は11日、「日本人は中国のモバイル決済についてどう考えているのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「経済発展に伴い、中国は様々な分野で大きな成果を得た。特に科学技術においては、多くの発明や創造が中国人の生活に大きな便利をもたらし、暮らしをテクノロジー化、現代化させると同時に、外国人からの注目も集めるようになった」とした。

 そして、特筆すべきは中国で生まれた2次元コードを用いたモバイル決済システムであると指摘。「多くの中国人が日常的に使っている決済方式であり、最もスピーディーな決済方式でもある。この決済方式を導入する国は少なくないが、経済の発展している日本では日本人の間に普及していない。日本人はいったい中国式のモバイル決済についてどう考えているのか」と疑問を提起している。

 そのうえで、ある日本人が「中国のモバイル決済は日本ではあまり歓迎されていない。なぜなら、日本ではクレジットカードシステムがとても発達していて、ほぼすべての日本人がカード決済や現金払いに慣れているからだ。スマホを取り出してアプリを開き、バーコードを読み取るという手順が面倒に感じるうえ、子どもや高齢者にとってはかえって不便だ」と感想を述べたことを紹介した。

 記事は、「日本人の答えは、想像と異なるものだった。みんなが便利だと考えているモバイル決済が、彼らにとっては面倒なのだという。ただ、それも一理あるのだろう。国によって環境は異なるから、中国にぴったりのモバイル決済が日本人の生活に便利をもたらすとは限らないのである」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)