中国メディア・東方網は11日、深刻な高齢化社会を迎えて社会におけるシニア層の活用が求められる中、日本におけるシニア起業の取り組みが参考になるとする記事を掲載した。

 記事は「起業やベンチャーという言葉は、若者にふさわしいと考える人がいる。しかし近年では、シニアの起業も決して珍しくなくなった。ネット上で検索すれば数多の高齢者が起業に成功した事例を見つけることができる。今後、起業の道を歩む高齢者はますます多くなるだろう」とした。

 そのうえで、「先進国ではシニアの起業を奨励している。先進国では高齢者たちが生き生きとした生活を送っており、ボランティアをしたり、再就職した・・・・

続きを読む