中国メディア・今日頭条は10日、サッカー・ワールドカップロシア大会で日本を2大会ぶりのベスト16に導いた西野朗氏について、中国の複数のクラブからオファーが来ていると日本国内で報じられたことを伝えた。

 記事は、西野氏の評価が高まっている背景として「極めて短期間で日本代表の長所を前面に打ち出すことに成功し、W杯のピッチで戦ったこと。テストマッチの時点では、多くのサポーターがその采配に疑問の声をあげていたが、本大会ではチームの戦術を見事に整えてグループリーグ突破を果たし、決勝ラウンド1回戦でも一時はベルギーからリードを奪った」としている。

 また、西野氏は、かつてガン・・・・

続きを読む