2017年に日本を訪れた外国人の数は2869万人に達し、うち中国人は735万5818人だった。国・地域別で見ると中国人が最多となっており、日本のインバウンド産業を牽引する存在こそが中国人だと言えるだろう。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む