世界には1万種以上もの「ぶどう」の品種が存在するとされており、日本にはマイナーな品種も含めると100種類以上あり、主に栽培されている品種は50ー60種類ほどだという。日本のぶどうは「味が良い」として、中国の農家の「目標」となっているという。中国メディアの今日頭条は3日、日本のぶどうはどうしてこんなに人気なのかと問いかける記事を掲載し、中国人の専門家が日本での視察から学んだことを紹介している。

 日本にも昔から山ブドウが自生していたが、栽培されるようになった最初の甲州ぶどうのルーツは中国にあるようだ。奈良時代にシルクロードを経て中国から伝わったとされている。しかし、中国ではぶどうの種類はあまり多くなく、おいしさもイマイチだ。記事の中国人筆者は、日本のぶどうは非常に繊細で甘くて大粒、口当たりも良いと称賛し、視察から成功の秘訣が分かったとしている。
 
 中国の農家の目標となっている日本のぶどう農家にはどんな特徴があるのだろうか。記事は、設備が整っていて先進的で、規模が小さいために細かく管理できていると紹介。また、管理や運送、等級分けなど多くの作業がオートメーション化されているという。これには、政府からの補助や、日本の農業の特徴である農協の存在も大きいようだ。

 日本のぶどうは価格が高く設定されているが、これにも理由があると指摘。日本のぶどう農家は包装や輸送、販売などにこだわりを持ち、質の高いものしか市場に出回らないため価格は高くなるものの、それだけ栽培に時間をかけられているのだと分析した。

 また、土壌の保護に積極的で、生態系を意識しているのも日本のぶどう農家の特徴だという。強い農薬は禁止し、害虫が増える時期には害虫防除用ランプを設置したり、草生栽培により生態系の機能を活用していると称賛した。さらに、袋がけによりぶどうの美観を保ち、病気や害虫、鳥、雨風から果実を守り、農薬を直接当てないようにしているとも紹介した。

 日本のぶどう栽培の成功は、個々のぶどう農家の努力ももちろんだが、質の高いぶどうを作り、流通させるためのシステムが整っていることも大きいようだ。中国のぶどう栽培と比べると格差は大きいものの、日本も一朝一夕にしてここまでになったのではない。成功している日本のぶどう栽培から学べば、中国も日本のようなおいしいぶどうを作れるようになるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)