日本を訪れる中国人の多くが、日本のあらゆる場所の「清潔さ」に驚きを示す。中国メディアの快資訊は3日、「日本が清潔なのには理由がある」と指摘しつつ、ネットユーザーからの「日本と比較しなければ傷つくこともなかったのに」という声を紹介する記事を掲載した。

 急速な経済成長を続ける中国では都市化も急速に進み、人びとの生活水準が高まると同時にマナーの高まりも感じられるようになってきている。また政府の取り組みもあり、以前と比べれば公共施設のトイレも使用しやすくなった。

 しかし、中国人からすると日本は「特別に清潔な国」なのだという。公共トイレの洗面所を使った人は紙で周囲の水滴をふき取る人もいると伝え、こうした行為は中国人からするとありえないため「なるほどここまで潔癖なら社会全体が清潔なのも理解できる」とした。

 こうした気質の相違の他に、日本の街が清潔な理由として、「年間を通じて雨が降る気候が関係していて、街の埃を洗い流し中国のように乾燥から生じる砂埃の襲撃を抑制している」と主張した。また「日本では食べ歩きする人がいない」のも大きな要因であるとした。確かに中国では街中で軽食を食べ歩いたり、ヒマワリなどのタネを食べてそのままゴミを捨てる人が大勢いる。

 中国人からすると日本は度が過ぎる程の清潔さに感じられるようだが、中国人ネットユーザーからは「中国でも徐々にマナーの向上が見られるようになったが、日本を比較対象にしてしまっては勝負にならない。比較しなければ傷つくこともなかったのに」という意見が寄せられた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)