訪日中国人旅行客が年々増加する一方で、反日感情を抱いている中国人は日本を訪れる中国人に対し、「旅行は日本に利益をもたらす行為」であるとして激しく罵る傾向がある。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本には中国にはない美点が数多く存在するとして、「日本を訪れたこともないくせに、中国人が日本を旅行することを批判すべきではない」と主張する記事を掲載した。

 中国では「日本を批判したり、罵ったりするのは日本を訪れたことのない人ばかり」と言われることがある。これは1度でも日本を訪れ、中国との差を自らの目で認識すれば、日本を批判などとてもできないという意味で使われる。

 記事は、日本を訪れれば1日目にしてすぐに中国との違いや差を認識できるとし、東京は地下鉄やビルは比較的老朽化が進んでいるように見えるとしながらも、地下鉄では誰もが列に整然と並び、大声で騒いでいるような人はいないと紹介。

 また、街を歩く人の速度はまるで風のように「速く」、中国のようにだらだらと目的もなく歩いているような人は見かけなかったと紹介。東京は人口密度が高いだけあって、建物内部の空間はとても小さく感じられたとしながらも、すべてが整然としていて窮屈さといった不快感はなかったと強調した。

 記事は、日本を訪れることで中国との違いを認識し、中国に足りない点も見えてくるのだから、「中国の愛国者たちは日本を訪れる同胞をむやみやたらに批判したり、罵ったりすべきではない」と強調している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)