「原油価格が2014年11月以来となる75ドル台に乗せた」など、原油価格の指標として使われているのは、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物価格だ。米国シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場し、世界の原油価格の指標になっている。これに対抗しようと、中国初の国際的な先物市場として今年3月26日から始まったのが、上海自由貿易区の上海国際エネルギー取引センター(INE)での原油先物取引だ。人民元で取引される新市場だが、取引開始から100日を迎え、順調に成長している。

 INEでの原油先物取引規模は、毎月の売買契約額(片道)が4月が2675億2300万人民元(約4.・・・・

続きを読む