サッカー日本代表はロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦で強豪ベルギーに惜敗した。しかし、ベルギーを追い詰めた日本の戦いぶりは世界各国で高く評価され、中国でも称賛の声が高まっている。

 中国メディアの新浪は3日、日本代表は世界の強豪国であるベルギーに対し、一時は2点もリードしたと伝え、中国で日本代表のパフォーマンスを称賛する声が上がっていることを紹介すると同時に、「日本人はやはり恐ろしい」と伝える記事を掲載した。

 日本代表は後半に3点を奪われ、逆転負けを喫してしまったが、FIFAランキング3位の強豪を追い詰めた日本に対する評価は高いものがある。記事は今大会・・・・

続きを読む