中国メディア・成都商報は3日、「日本サッカーは栄光の敗戦 アジアのサッカーが輝いた夜」とする記事を掲載した。

 記事はサッカー・ワールドカップロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本―ベルギー戦について「日本に因縁のあるセネガルの審判を配したこの試合が、日本にとってあと一歩で歴史を塗り替える伝説的な戦いになるということを誰が予想しただろうか。まったく期待されていなかった日本は、ベルギーを最終盤でようやく逆転勝利というところまで苦しめた。ベスト8には残れなかったが、十分にリスペクトを勝ち取る戦いぶりだった」と伝えた。

 そして、「試合前は、5人中3人がセネガル人という・・・・

続きを読む