食文化や食習慣は、土地によって大きく異なるものだ。中国は国土が広いため、国内でも地域によって大きな違いがあるものだ。国が違うとなれば、なおのこと食文化は違ってくるもので、これは文化や習慣が比較的似ている日本と中国にも同じことが言える。

 中国メディアの快資訊は26日、中国人から見た「日本の不思議な食習慣」について、「中国人は受け入れられるか」と問いかける記事を掲載した。

 記事はまず、日本人が食に対するこだわりが強いことは認めながらも、「中国人の胃」からするとまったく受け入れられない食習慣があるとした。では、どんな日本の習慣が「不思議」で受け入れられないのだろうか。まず紹介したのが、「ラーメンの食べ方」だ。ラーメンにライスを付けるのが耐えられないようだ。中国では餃子は主食として扱われているため、日本人が餃子をおかずにご飯を食べることも違和感があり、日本人は主食と主食の組み合わせをする習慣があるようだと伝えた。

 次いで日本人の大好きな「卵かけご飯」を紹介。生たまごを食べるのは、日本人にとっては普通のことらしいとコメントしているが、全くそのとおりである。しかし、これは新鮮で安心して食べられるたまごが手に入る日本だからこそできることで、中国では真似しない方が良い。

 またラーメンのスープについても、中国と違うと指摘。豚骨スープの場合、中国の一般家庭でもよく作られるが、中国では作り方はシンプルで、日本のラーメンのスープと比べると薄味だ。日本のスープは「手続きが複雑」でいろいろな食材を煮込んでいるようだと紹介、特に塩分が多すぎるのではないかと意見を述べている。濃厚なスープが売りの日本のラーメンと、麺がメインの中国のラーメンとでは、違っているのも無理はない。

 生たまごはいずれにしても、ラーメンや餃子に関しては、中国ではやはり発祥の地としてのプライドもあるのだろう。日本で大きく変化して発展し、中国人からすると全く違う食べ物に感じたとしても不思議ではないが、それも食の面白みの1つでもあると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)