サッカー日本代表はロシアワールドカップでの1次リーグで、南米コロンビアを下し、さらには、アフリカの強豪セネガルを相手に一歩も引かない戦いを見せた。日本代表の評価はまさにうなぎのぼりであり、決勝トーナメント進出への期待も高まっている。

 中国メディアの快資訊は27日、日本代表はワールドカップの舞台でアジアサッカーの進歩を見せつけていると伝えつつ、日本の実力は、もはやアジアのレベルを超越しており、その意味で「日本は脱亜入欧を果たした」と論じる記事を掲載した。

 記事は、今大会に出場したアジアの国のうち、イランと日本が良いパフォーマンスを見せたと伝え、イランは1次リーグ・・・・

続きを読む