中国メディア・新浪体育は24日、サッカー・ワールドカップロシア大会で現地取材をしている中国人記者が、現地の人から日本人に間違えられる「苦悩」を味わっていると報じた。

 記者は24日、日本―セネガル戦が行われたエカテリンブルクの街の様子を紹介。「朝から、ブルーのユニフォームを着てばっちりメイクをした日本のサポーターが街を行くのを見かけた。彼らは至るところで記念撮影をし、ガイドの説明に耳を傾・・・・

続きを読む