サッカー日本代表は24日、ワールドカップロシア大会2戦目でセネガルと対戦し、2ー2で引き分けた。試合は日本が2度リードされて、2度追いつくという展開となった。

 中国メディアの中国新聞社は25日、日本代表はセネガル戦で先制点を奪われ、追いついた後も突き放されるゴールを決められるなど「常に追いかける展開」だったにも関わらず、それでもしっかりと引き分けに持ち込んだことは称賛に値すると伝えつつ、「日本代表の強さはどこにあるのだろうか」と疑問を投げかけている。

 記事は、日本代表が今大会で見せているパフォーマンスは「非常に素晴らしい」と称賛しつつ、同じアジアの国でありなが・・・・

続きを読む