中国メディア・今日頭条は25日、サッカー・ワールドカップロシア大会グループリーグ第2戦でセネガルと引き分けた日本代表について、「屈強な精神が中国ネットユーザーの間で議論を呼んだ」と報じた。

 記事は現地時間24日のセネガル戦について、「日本は本当に素晴らしかった。組織力、足元の技術、ゴール前のフィニッシュいずれも出色の出来栄えで、前半のセネガルの猛攻を受けても終始乱れなかった。ディフェンスの位置取りが悪かった韓国とは大きな差を感じた」とした。

 また、「同じアジアでも、日本のサッカーはすでに他国の先を行っている。整ったユース育成体制を持ち、フィジカルでは優位に立て・・・・

続きを読む