サッカー日本代表はロシアワールドカップ(W杯)の初戦で強豪コロンビアを2ー1で下し、貴重な勝ち点3を獲得した。W杯の舞台でアジアのチームが南米のチームに勝利したのは今回の日本代表が初めてのことだという。

 コロンビアから勝ち星を挙げたことは中国国内における日本代表の評価を大いに高めたようで、中国メディアの快資訊は23日、「中国代表はもはや韓国代表を恐れる必要はなく、日本に畏敬の念を持ち、日本に学ぶべきだ」と論じる記事を掲載した。

 記事は、中国のサッカーファンの手記として「日本ーコロンビア戦を観戦し、中国代表が学ぶべき相手は日本であることを改めて認識した」と伝え、韓国代表にも欧州でプレーする選手がいるが、多くはアジアレベルに止まっていると主張。

 一方、日本代表はその大半が欧州でプレーする選手たちであり、高い報酬を目当てに中国のクラブチームに移籍するようなこともしないと伝え、「中国のクラブチームに移籍すれば、今より高い年棒を手にできるであろうに、日本人選手たちは、より上手くなるために欧州でのプレーを選んでいるのだ」と論じた。

 続けて、中国代表はこれまで韓国代表と対戦する際には萎縮してしまい、韓国に勝てないというケースが相次いでいて、これは「恐韓症」と呼ばれていることを指摘する一方、韓国代表がW杯ロシア大会で思うような結果を出せていないためか、「中国人はもう韓国を恐れる必要はなく、むしろ、日本に畏敬の念を持って、日本を研究し、日本から多くを学ぶべきである」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)