中国メディア・東方網は23日、「日本人がどれだけサッカーを愛しているか、この数字が物語っている」とする記事を掲載した。

 記事は、「先日の日本が2-1でコロンビアに勝利した試合で、前半終了時のハーフタイムに東京都内では水の使用量が24%増加したという。水道関係者の話によれば、試合を観戦していた多くの人が同時にトイレに入ったことが理由とのことで、水道局では事前にハーフタイム中の水道使用量急増を見越して給水量の調整を行っていたそうだ」と紹介した。

 そして、東京の人口は23区だけでも2016年現在で926万人、市町村を加えた東京都全体では約1300万人に上ると指摘。「・・・・

続きを読む