中国メディア・今日頭条は24日、「韓国がW杯でまた話題になった 悪意あるファウルの連続に、審判も堪忍袋の緒が切れた」とする記事を掲載した。

 サッカー・ワールドカップロシア大会グループリーグ(GL)第2節で、韓国はメキシコに1-2で敗れ2連敗となった。決勝トーナメント進出の可能性は理論上残されているが、現実的には非常に厳しい。思うように試合が展開できない焦りか、初戦のスウェーデン戦で22個、2戦目のメキシコ戦では23日現在で今大会最多となる24個のファウルを犯すなど、プレーの荒さが目立っている。

 記事は、「2連敗でGL敗退は決定的となった韓国は、ゲームで負けたう・・・・

続きを読む