中国メディア・東方網は22日、「日本の公務員が昼休みの3分前に昼食を買いに行って処分を受け、上司がテレビで謝罪した」とする記事を掲載した。

 記事は、兵庫県神戸市水道局の64歳の公務員が、7カ月の間に26回、指定の昼休みより3分早く職場を離れて昼食を買いに行っていたことが上司に見つかり、叱責と罰金処分を受けたと紹介。さらに、同局の上層部がテレビカメラを入れての記者会見を開き、職員の不祥事・・・・

続きを読む