日本の百貨店や日本料理屋などでは時おり、スタッフが膝をついて接客する光景を目にする。これは客と同じ目線、あるいは客より下の目線とし、より丁寧なサービスを提供するためのものと言えるが、中国ではこのような接客はまず存在しないため、戸惑ってしまう人も多いようだ。

 中国メディアの快資訊はこのほど、中国人にとって「膝をつく」というのは「屈服」を意味する場合があると伝え、それゆえ日本で優しい女性が・・・・

続きを読む