鹿児島県の種子島宇宙センターで12日、日本政府の情報収集衛星レーダー6号機を搭載したH2Aロケット39号機が打ち上げられ、軌道への投入に成功した。中国メディアの百家号は14日、日本の情報収集衛星は事実上の「スパイ衛星」であると主張し、そこから日本が軍事強国になるための野心が見て取れると主張した。

 記事は、日本の情報収集衛星の物体識別能力は高く、地上の30センチから50センチほどの物体を・・・・

続きを読む