サッカー日本代表はロシアワールドカップ(W杯)で強豪コロンビアに2ー1で勝利した。試合開始早々、香川真司選手が放ったシュートをコロンビアのMFカルロス・サンチェス選手が腕に当て、一発退場となった。日本代表は数的有利を生かし、格上コロンビアを見事に下した。

 過去、コロンビアではW杯敗退に激怒したファンが自国の代表選手を射殺する痛ましい事件が起きていることから、中国ではカルロス・サンチェス・・・・

続きを読む