サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、日本ーコロンビア戦を行い、日本代表は2−1で格上のコロンビアを下し、勝ち点3を獲得した。多くの中国メディアにとっても日本代表がコロンビアに勝利したことは予想外だったようで、日本の勝利に驚きつつも、素直に称賛する報道が目立つ。

 中国メディアの捜狐は20日、日本はW杯の舞台で南米のチームに初めて勝利したアジアの国になったと伝え、まさに日本代表はアジアの誇りだと伝える一方で、中国サッカー協会は日本代表が必死に戦っている時、「噂と必死に戦っていた」と伝える記事を掲載した。

 記事は、W杯ロシア大会にアジアから出場したサウジアラビア、オーストラリア、韓国はいずれも第1戦で負けてしまったと紹介。唯一、勝利を収めたのはイラン代表であり、日本代表も相手がコロンビアであったことから中国では日本の勝利に期待している人などほとんどいなかったはずだと指摘した。

 続けて、コロンビアの選手が退場となり、日本が数的有利となったことはあるものの、日本は「大舞台でやってのけた」と指摘し、日本代表は国境を超え、すべてのアジア人の誇りとなったと主張。また、日本代表は世界にアジアのサッカーを見せつけることに成功したと称える一方で、「同じアジア人だというのに、中国サッカーと日本サッカーに『天地ほどの差』があるのは、中国人としては残念でたまらない」と主張した。

 一方、中国サッカー協会の関係者がW杯開幕戦で豪華な席で観戦していたのではないかという疑惑が浮上し、日本代表がアジアのために必死にコロンビアと戦っていた時、中国サッカー協会はその噂と戦っていたと伝え、「これでは中国サッカーが強くなるわけがない」と指摘。中国のサッカー選手は金を稼ぐこと、タトゥーで体を飾ること、良い車に乗って良い家に住むことしか興味がないと伝え、「同じアジア人だというのに、中国サッカーと日本サッカーに『天地ほどの差』がある」のは、考え方や精神性が違うためであると伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)