日本経営管理教育協会が見る中国 第520回――下崎寛 ■日本の外国人単純労働者受け入れ検討開始

 日本経済新聞の記事(2018年5月30日)によれば、これまで日本政府は、外国人単純労働者を原則認めない方針であったが、日本経済が直面する深刻な人手不足の対応として、外国人単純労働者の導入に2019年から2025年までに最大で50万人に門戸を開放する方針を固め、具体的な検討に入った。建設、農業、介護、宿泊、造船など人手不足の5分野が対象となっている。 ■マイナンバー制度を活用

 今後、外国人の単純労働者が増加することが見込まれるが、その受け入れ制度の構築が重要・・・・

続きを読む