これまで日本政府は、外国人単純労働者を原則認めない方針であったが、日本経済が直面する深刻な人手不足の対応として、外国人単純労働者の導入に2019年から2025年までに最大で50万人に門戸を開放する方針を固め、具体的な検討に入った。(写真は、東京の入国管理局。提供:日本経営管理教育協会)

続きを読む