経済協力開発機構(OECD)加盟国の統計によれば、2015年に日本に移民した外国人の数は前年比5万5000人増の約39万人だった。その数はドイツ、米国、英国に次いで世界第4位の規模であり、国籍別では中国人がもっとも多かった。中国は経済が成長していて、ビジネスチャンスも多そうだが、なぜ中国人は日本に移民したがるのだろうか。中国メディア今日頭条は15日、「日本はそんなに暮らしやすい国なのか」と問いかける記事を掲・・・・

続きを読む