2017年における日本の合計特殊出生率は1.43となり、2年連続で低下した。人口維持のためには合計特殊出生率が2.08必要だが、その水準を大きく下回っている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む