中国メディア・東方網は17日、「日本企業はみな没落してしまったのか、10年前の数字と比較してみよう」とする記事を掲載した。

 記事は、昨年の日本のGDPが4兆8800億米ドルで、米国、中国に次ぐ世界第3位だったと紹介。「2010年に中国が日本を上回って以降、日本と中国の差は拡大する一方だ。07年にほとんど差がなかった状態が、17年には2.5倍にまで差が開いた。この10年で日本企業は本当に・・・・

続きを読む