2026年に開催されるサッカーワールドカップ(W杯)はカナダ、米国、メキシコによる3カ国共催となることが決まった。日韓W杯のように、これまで2カ国が共催した事例はあったが、3カ国による共催は史上初となる。

 中国メディアの快資訊は15日、韓国は「日本、中国、北朝鮮による4カ国共催」案が存在することを伝え、その実現性について考察する記事を掲載した。

 記事は、2026年W杯より出場国が48チームに増えることを紹介し、「出場国が増えるということは、それだけ世界中から多くのサッカーファンが開催国を訪れることを意味する」と指摘。また、それだけ多くのサッカースタジアムが必要・・・・

続きを読む