日本製品の品質の高さは中国でも高く評価されている。使いやすくて、壊れにくい日本製品をわざわざ日本に来てまで爆買いする中国人の存在がその証拠と言えるだろう。

 中国製品はかつて「安かろう、悪かろう」の代名詞的存在だった。価格が圧倒的に安いために、品質が良くないことを承知で購入していた消費者は多かったが、近年は中国の製造業も人件費などの上昇によってコスト競争力や価格競争力は低下しており、これ・・・・

続きを読む