中国メディア・今日頭条は15日、「できるのか? 韓国サッカー協会が日本や中国など4カ国によるサッカーワールドカップ開催を提唱し始めた」とする記事を掲載した。

 記事は、「2026年のW杯はすでに、米国、カナダ、メキシコが共同で開催することが決まった」としたうえで、「大韓サッカー協会の鄭夢奎 (チョン・モンギュ) 会長が、中国・日本および韓国に近接する国とともに30年のW杯開催に名乗りをあげることを望んだ」とする韓国・聯合ニュースの報道を伝えた。

 鄭会長は「(4カ国共催案は)とても魅力的なプランだと思う。(22年W杯がアジアのカタール開催であることから)30年の招・・・・

続きを読む