中国は日本の安全保障に対して大きな関心を抱いている人が数多く存在する。また、日本のいずも型護衛艦は「もはや空母と同等」であるという論調が多く見られるのだが、中国メディアの快資訊は10日、日本はいずも型護衛艦よりさらに大型で、なおかつ最新鋭の戦闘機Fー35Bを艦載機とできる空母を保有する可能性があると主張する記事を掲載した。

 記事は、日本の護衛艦は近年、大型化の傾向にあると伝え、海上自衛隊の能力が向上することは米国にとっても都合の良いことであると主張。そして、日本が空母を保有することになるのかは米国の意向次第だと論じた。続けて、米国では退役したタラワ級強襲揚陸艦を日本に移譲する案が浮上していることを紹介し、その目的は「退役した軍艦をお金に変えつつ、地域の脅威に対応すること」だとされていると伝えた。

 続けて、タラワ級強襲揚陸艦の排水量は4万トンに達し、いずも型護衛艦の2万6000トンを大きく上回ると紹介。さらにタラワ級強襲揚陸艦には大規模な全通甲板があるため、垂直離着陸機と短距離離着陸機の運用が可能であり、これは、いずも型護衛艦を改造したとしてもタラワ級強襲揚陸艦の方が上であると指摘した。

 さらに、タラワ級強襲揚陸艦の動力系統はすでに時代遅れではあるものの、優れたレーダーを多数搭載しており、電子戦能力は非常に高いと強調。いずも型護衛艦を改造するよりも、日本にとってはより多くのFー35Bを艦載できるタラワ級強襲揚陸艦の方がメリットも大きいと主張し、日本はタラワ級強襲揚陸艦という「近道」を使って、空母を保有することになるのかもしれないと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)