中国は日本の安全保障に対して大きな関心を抱いている人が数多く存在する。また、日本のいずも型護衛艦は「もはや空母と同等」であるという論調が多く見られるのだが、中国メディアの快資訊は10日、日本はいずも型護衛艦よりさらに大型で、なおかつ最新鋭の戦闘機Fー35Bを艦載機とできる空母を保有する可能性があると主張する記事を掲載した。

 記事は、日本の護衛艦は近年、大型化の傾向にあると伝え、海上自衛隊の能力が向上することは米国にとっても都合の良いことであると主張。そして、日本が空母を保有することになるのかは米国の意向次第だと論じた。続けて、米国では退役したタラワ級強襲揚陸艦を日本に移譲する案が浮・・・・

続きを読む