急速な経済発展に伴い、環境保護対策が急務になっている中国。環境問題は、先進国の仲間入りを目指す国にとって避けられない問題の1つであり、かつての日本も同様だった。人口が世界一の大国ともなれば、問題が大きいのは当然のことだ。中国メディアの快資訊は9日、環境保護において日本は中国の目指すべき姿だとする記事を掲載した。

 記事によると、環境保護で成功している国と言えば「日本を外すわけにはいかない」のだという。歴史問題は別として、客観的に見れば日本の環境保護はやはり良いと言わざるを得ないと認めた。道路は洗ったばかりのように常にきれいで、白い靴で1日中歩いてみればどれだけきれいかが分かるとした。

 では、日本人はどのように環境を守っているのだろうか。記事はまず、「ごみの分別が変態級」であると紹介した。中国の都市部では、ごみ箱の数だけは無数にあるが、いまだに多くの都市では燃えるごみと燃えないごみの2種類にしか分別しない。しかも収集時には一緒にしてしまい分別の意味がないケースも多い。

 しかし日本では、地域によって違うとはいえ、記事は少なくとも7種類に分別すると紹介した。中国では分別はおろか、目の前にごみ箱があってもポイ捨てしてしまう人がいまだに多い。そのためか、日本人はそんなに細かく分別できるのかと疑問に思うようだが、「罰金が高いので実践できている」と主張した。

 記事は続けて、日本人はマナーも良いと紹介。列の割り込みや信号無視はほとんど見られないが、記事はこれも罰金が高いため実現できていると主張した。しかし、多くの日本人は罰金のためと言うより、やはりマナーの意識の高さゆえに自然と実践できていると言えるだろう。

 このように、日常生活で環境保護が浸透している日本。記事は、こうした実践がいずれも「国の環境を守り国民のためにもなっている」と感心している。中国も「緑水青山就是金山銀山(豊かな自然こそが金山であり銀山である)」を合言葉に取り組んでいるようだが、何より金もうけを優先させる風潮を改善し、国民全体のマナーを向上させない限り、環境の改善は難しいのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)