日本と中国は高速鉄道の輸出をめぐって競合関係にあるものの、日本はすでに次世代高速鉄道としてリニア中央新幹線の建設を進めており、2027年に開業の予定だ。

 リニア中央新幹線は「超電導磁気浮上式」のリニアモーターカーであり、将来的には東京と大阪の間を時速500キロメートルで走行し、東京と名古屋を40分で、東京と大阪を67分で結ぶことになるという。

 次世代高速鉄道の分野・・・・

続きを読む